arinux

Linux サーバー設定備忘録
Wordpress 2.8 (10) - 自動アップグレード


メモ 2.8 → 2.9 への自動アップグレード


  1. admin でログインします。

  2. wordpress ログイン画面


  3. 以下のように Front page が表示された場合は、メニューの 「サイト管理」 をクリックして、ダッシュボードを表示します。

  4. wordpress サイト管理


  5. 上部の 「アップデートしてください」 を押します(「2.9.1 にアップデート」 ボタンでも同じ動作になります)。

  6. wordpress アップデートボタン


  7. 「自動アップグレードを実行」 を押します。

  8. wordpress 自動アップグレードを実行


  9. 以下のようにメッセージが表示され、アップグレードが完了します。

  10. wordpress 自動アップグレード完了


  11. ダッシュボードへ移動し、アップグレードされたことを確認します。

  12. wordpress ダッシュボードへのリンク
    wordpress ダッシュボード



ここまで

| arinux | Wordpress | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Wordpress 2.8 (9) - メールフォーム


メモ Wordpress 内で動作するメールフォーム


Wordpress のプラグインとして動作する、メールフォームのインストール方法を説明します。


  1. http://wordpress.org/extend/plugins/contact-form-7/ から、
    以下のように 「contact-form-7.2.0.5.zip」 をダウンロードします。

  2. wordpress plugin(Contact Form 7)


  3. 解凍して、Webサーバー上へアップロードします。
    • 「contact-form-7/」 のフォルダーごと、、
      「<wordpressをインストールしたディレクトリ>/wp-content/plugins/」 に置きます。


  4. admin でログインします。

  5. wordpress ログイン画面


  6. 以下のように Front page が表示された場合は、メニューの 「サイト管理」 をクリックして、ダッシュボードを表示します。

  7. wordpress サイト管理


  8. 左メニューの 「プラグイン」 を押します。

  9. wordpress メニュー(プラグイン)


  10. 「Contact Form 7」 の箇所の 「使用する」 を押します。

  11. wordpress plugin(使用する)


  12. 画面上部に 「プラグインを使用開始しました。」 と表示されます。

  13. wordpress plugin(使用開始の確認)


  14. 「Contact Form 7」 の箇所の 「設定」 を押します。

  15. wordpress plugin(Contact Form 7 - 設定)


  16. 以下のように、フォーム、メールの送信先、文面等を変更して、「保存」 を押します。

  17. wordpress plugin(Contact Form 7 - 設定)
    wordpress plugin(Contact Form 7 - 保存)


  18. 画面上部に 「コンタクトフォームが保存されました。」 と表示されます。

  19. wordpress plugin(Contact Form 7 - 保存確認)


  20. メールフォーム用に新規ページを追加します。左メニューの 「ページ」 ⇒ 「新規追加」 を順に押します。

  21. wordpress メニュー(ページ)
    wordpress メニュー(ページ・新規追加)


  22. ページ名(この例では 「お問い合わせ」)、本文に 「[contact-form 1 "コンタクトフォーム 1"]」 と記述して、「公開」 を押します。

  23. wordpress 新規ページの追加


  24. 「ページを表示する」 を押します。

  25. wordpress 新規ページの表示


  26. メールフォームからメールの送信テストをします。以下のようにフォームに記入して、「送信」 を押します。

  27. wordpress メールフォーム(送信)


  28. 正常に送信された場合は、以下のメッセージが表示されます。

  29. wordpress メールフォーム(送信後のメッセージ)


  30. 各メッセージは、「Contact Form 7」 プラグインの 「設定」 にある 「メッセージ」 の箇所で、変更することができます。

  31. wordpress plugin(Contact Form 7 - 設定)
    wordpress plugin(Contact Form 7 - メッセージ)


  32. フォームの必須項目を記入しない時は、以下のメッセージが表示されます。

  33. wordpress メールフォーム(記入もれ)


  34. 以下は、正常に届いたメールの内容です。
  35. 件名 : テスト
    差出人(From) : ari@mail.arinux.net
    送信先(To) : info@arinux.net
    送信日時 : 2009/10/08 10:42:57
    
    メールフォームからの送信テスト
    
    --
    このメールは arinux.net のメールフォームから送信されました。
    
    Contact Form 7
    http://contactform7.com
    



つづく

| arinux | Wordpress | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Wordpress 2.8 (8) - 掲示板ウィジェット


メモ Front page のサイドバーに表示する掲示板ウィジェット


Wordpress のプラグインとして動作する、掲示板ウィジェットの設定方法を説明します。


  1. 掲示板ウィジェットは、DMSGuestbook プラグインに含まれています。ダッシュボードから、左メニューの 「プラグイン」 を押します。

  2. wordpress メニュー(プラグイン)


  3. 「DMSGuestbook widget」 の箇所の 「使用する」 を押します。

  4. wordpredd plugin(DMSGuestbook widget)


  5. 画面上部に 「プラグインを使用開始しました。」 と表示されます。

  6. wordpress plugin(使用開始の確認)


  7. 左メニューの 「外観」 ⇒ 「ウィジェット」 を順に押します。

  8. wordpress メニュー(外観)
    wordpress メニュー(外観 - ウィジェット)


  9. ドラッグがうまく機能しませんので、以下のように 「表示オプション」 ⇒ 「アクセスビリティモードを有効にする」 を押します。

  10. wordpress ウィジェット(表示オプション)
    wordpress ウィジェット(アクセスビリティモード)


  11. ここでウィジェットを一つでも追加すると、Default でサイドバーに表示されていたウィジェットが全て表示されなくなりますので、必要なものを全て追加します。以下は、例として 「メタ情報」 を追加しています。

  12. wordpress ウィジェット(追加)
    wordpress ウィジェット(追加 - 設定・保存)


  13. 以下のように、「DMSGuestbook」 を追加します。

  14. wordpress ウィジェット(追加)
    wordpress ウィジェット(設定)
    wordpress ウィジェット(追加 - 設定・保存)


  15. 以下のように 「サイドバー1」 に、追加したウィジェットが表示されます。

  16. wordpress ウィジェット(サイドバー)


  17. 「サイトを表示」 を押します。

  18. wordpress サイトを表示


  19. 以下のように、サイドバーに掲示板のウィジェットが表示されます。

  20. wordpress Front page



つづく

| arinux | Wordpress | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Wordpress 2.8 (7) - 掲示板


メモ Wordpress 内で動作する掲示板


Wordpress のプラグインとして動作する、掲示板のインストール方法を説明します。


  1. http://wordpress.org/extend/plugins/dmsguestbook/ から、
    以下のように 「dmsguestbook.1.15.2.zip」 をダウンロードします。

  2. wordpress plugin(DMSGuestbook)


  3. 解凍して、Webサーバー上へアップロードします。
    • 「dmsguestbook」 のフォルダーごと、、
      「<wordpressをインストールしたディレクトリ>/wp-content/plugins/」 に置きます。


  4. 日本語化のため、http://simplelives.net/engineonthissite から、
    「japanese.txt」 をダウンロードします。

  5. 「japanese.txt」 を Webサーバー上へアップロードします。
    • 「<wordpressをインストールしたディレクトリ>/wp-content/plugins/dmsguestbook/language」 に置きます。


  6. admin でログインします。

  7. wordpress ログイン画面


  8. 以下のように Front page が表示された場合は、メニューの 「サイト管理」 をクリックして、ダッシュボードを表示します。

  9. wordpress サイト管理


  10. 左メニューの 「プラグイン」 を押します。

  11. wordpress メニュー(プラグイン)


  12. 「DMSGuestbook」 の箇所の 「使用する」 を押します。

  13. wordpress plugin(使用する)


  14. 画面上部に 「プラグインを使用開始しました。」 と表示されます。

  15. wordpress plugin(使用開始の確認)


  16. 掲示板用に新規ページを追加します。左メニューの 「ページ」 ⇒ 「新規追加」 を順に押します。

  17. wordpress メニュー(ページ)
    wordpress メニュー(ページ・新規追加)


  18. ページ名を 「掲示板」 と記入し、「公開」 を押します。

  19. wordpress ページの新規追加


  20. 左メニューの 「DMSGuestbook」を押します。

  21. wordpress メニュー(DMSGuestbook)


  22. 「Guestbook settings」 を押します。

  23. wordpredd plugin(DMSGuestbook - 設定画面)


  24. 「Basic」 の行の 「+」 を押します。

  25. wordpredd plugin(DMSGuestbook - 設定画面)


  26. 「Clear all」 を押します。

  27. wordpredd plugin(DMSGuestbook - 設定画面)


  28. 「Guestbook」 の列の値が、「not selected」 ⇒ 「Set」 に表示が変わります。

  29. wordpredd plugin(DMSGuestbook - 設定画面)


  30. 「language」 のドロップダウン・リストから、「japanese.txt」 を選択します。

  31. wordpredd plugin(DMSGuestbook - 設定画面)
    wordpredd plugin(DMSGuestbook - 設定画面)


  32. 「掲示板」 の行の 「Set」 を押します。

  33. wordpredd plugin(DMSGuestbook - 設定画面)


  34. 「Guestbook」 の列の値が 「#1」、「Language」 の列の値が 「japanese.txt」 になります。

  35. wordpredd plugin(DMSGuestbook - 設定画面)


  36. 「Save」 を押します。

  37. wordpredd plugin(DMSGuestbook - 設定保存)


  38. 以下のように 「saved...」 と表示されます。

  39. wordpredd plugin(DMSGuestbook - saved)


  40. 投稿する場合は、必須項目とスパム対策用の画像の英数字を記入し、「書き込む」 を押します。

  41. wordpress 掲示板 書き込み


  42. 以下のように、書き込まれます。

  43. wordpress 掲示板 投稿



メモ 既存の投稿を削除する


  1. メニューの 「サイト管理」 をクリックして、ダッシュボードを表示します。

  2. wordpress サイト管理


  3. 左メニューの 「DMSGuestbook」を押します。

  4. wordpress メニュー(DMSGuestbook)


  5. 「Entries」 を押します。

  6. wordpress メニュー(DMSGuestbook - Entries)


  7. 該当の投稿の 「Delete」 を押します。

  8. wordpredd plugin(DMSGuestbook - Entries - Delete)


  9. 本当に削除するかのポップアップが表示されますので、「OK」 を押します。

  10. wordpredd plugin(DMSGuestbook - Entries - Delete)


  11. 以下のように 「Dataset (2) was deleted...」 と表示されます(かっこの中の数字は、エントリーの ID を指しています)。

  12. wordpredd plugin(DMSGuestbook - Entries - Delete)



つづく

| arinux | Wordpress | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Wordpress 2.8 (6) - テーマ(themes)


メモ テーマを変更する


フリーのテーマをダウンロードして、自分の Wordpress に適用する方法を説明します。


  1. 例として、http://www.wpthemesfree.com/ のサイトへアクセスします。

  2. 例として、右側のカテゴリーの一覧から、「Sport」 をクリックします。

  3. wordpress テーマ(カテゴリー選択)


  4. テーマが多い場合は数ページに分けて表示されますので、ページの下部にある 「Next」 や他のページ番号をクリックして、他のテーマを探します。

  5. wordpress テーマ(カテゴリー・ページ選択)


  6. テーマの内容を確認したい場合は、該当のテーマの画像をクリックします。

  7. wordpress テーマ(選択)


  8. 「Test」 をクリックすると、そのテーマのプレビュー(フル画面で見る)ができます。

  9. wordpress テーマ(プレビュー)


  10. 「Download」 をクリックすると、そのテーマをダウンロードできます。

  11. wordpress テーマ(ダウンロード)


  12. 保存する場合は、以下の画面で 「保存」 を押します。

  13. wordpress テーマ(保存)


  14. 解凍して、Webサーバー上へアップロードします。
    • 「soccer-theme」 のフォルダーごと、
      「<wordpressをインストールしたディレクトリ>/wp-content/plugins/」 に置きます。


  15. admin でログインします。

  16. wordpress ログイン画面


  17. 以下のように Front page が表示された場合は、右メニューの 「サイト管理」 をクリックして、ダッシュボードを表示します。

  18. wordpress サイト管理


  19. 左メニューの 「外観」 を押します。

  20. wordpress メニュー(外観)


  21. 「利用可能なテーマ」 から、先ほどアップロードしたテーマの画像をクリックします。
    wordpress テーマの管理


  22. 「"Soccer Theme" を使用する」 をクリックします。

  23. wordpress テーマの変更


  24. 「現在のテーマ」 に設定されたことを確認し、「サイトを表示」 を押します。

  25. wordpress テーマの管理(現在のテーマ)


  26. 以下のように、テーマが変更されました。

  27. wordpress サイト表示



つづく

| arinux | Wordpress | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Wordpress 2.8 (5) - ブラックリスト(ユーザー登録)


メモ ユーザー登録するドメイン、メールアドレスの限定


ブラックリストを使用して、ユーザー登録をする際のドメインやメールアドレスを限定する方法を説明します。


  1. http://wordpress.org/extend/plugins/ban-hammer/ から、
    以下のように 「ban-hammer.1.0.zip」 をダウンロードします。

  2. wordpress plugin(ban-hammer)


  3. 解凍して、Webサーバー上へアップロードします。
    • 「ban-hammer」 のフォルダーごと、「<wordpressをインストールしたディレクトリ>/wp-content/plugins/」 に置きます。


  4. admin でログインします。

  5. wordpress ログイン画面


  6. 以下のように Front page が表示された場合は、右メニューの 「サイト管理」 をクリックして、ダッシュボードを表示します。

  7. wordpress サイト管理


  8. 左メニューの 「プラグイン」 を押します。

  9. wordpress メニュー(プラグイン)


  10. 「ban-hammer」 の箇所の 「使用する」 を押します。

  11. wordpress plugin(使用する)


  12. 画面上部に 「プラグインを使用開始しました。」 と表示されます。

  13. wordpress plugin(使用開始の確認)


  14. 左メニューの 「ツール」 ⇒ 「Ban Hammer」を押します。

  15. wordpress メニュー(ツール)
    wordpress メニュー(ツール - Ban Hammer)


  16. 「Personalize the Message」 には、ブラックリストにマッチした際に表示するメッセージ(日本語化)を記入、「Blacklisted Domains」 には登録を拒否するドメインまたはメールアドレスを記入し、「Update Options」 を押します。

  17. wordpredd plugin(Ban Hammer - 設定画面)


  18. 画面上部に 「Options Updates!」 と表示されるのを確認ます。

  19. wordpress plugin(Ban Hummer - Updated)


  20. ログアウトします。

  21. wordpress ログアウト


  22. ログイン画面の左下の 「登録」 ボタンを押します。

  23. wordpress ログイン画面(登録)


  24. ユーザー名(半角英数字と記号はハイフン、アンダーバーのみ、大文字小文字区別なし)、メールアドレスを入力して 「登録」 を押します。

  25. wordpress ユーザー登録


  26. ブラックリストにマッチしたドメインやメールアドレスの場合は、以下のように表示されます。

  27. wordpress ユーザー登録エラー



つづく

| arinux | Wordpress | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Wordpress 2.8 (4) - ホワイトリスト(ユーザー登録)


メモ ユーザー登録するドメイン、メールアドレスの限定


ホワイトリストを使用して、ユーザー登録をする際のドメインやメールアドレスを限定する方法を説明します。


  1. http://herselfswebtools.com/ から、以下のように 「registration_white_list.php.gz」 をダウンロードします。

  2. wordpress plugin(registration_white_list.php)


  3. 解凍して 「registration_white_list.php」 ファイルを以下のように編集します。
  4. <?php
    
    /*
    Plugin Name: TimesToCome Registration White List
    Version: 1.0
    Plugin URI:  http://herselfswebtools.com/
    Description: Only let users from a specific domain register
    Author: Linda MacPhee-Cobb
    Author URI: http://timestocome.com
    */
    
    // check out the email address and ip number of user requesting an account
    function ttc_user_check()
    {
        $new_user = $_POST['user_email'];
        $good_email1 = "@arinux.net";          # ドメイン指定の例。複数指定の場合は、good_email1,
        $good_email2 = "@arinux.com";          # good_email2 のように順番に番号を振る
        $good_email3 = "testuser@arinux.net";  # メールアドレス指定の例
    
        // pull domain out of user email address
        $new_user_domain = explode( '@', $new_user);
        $new_user_domain = '@' . $new_user_domain[1];
    
        if (( strcasecmp ( $new_user_domain, $good_email1 ) == 0 )||  # if の後は ( が2つ、good_email の
        ( strcasecmp ( $new_user_domain, $good_email2 ) == 0 )||      # 後ろの 1 や 2 の番号を付け忘れずに!
        ( strcasecmp ( $new_user, $good_email13 ) == 0 )              # メールアドレス指定の書式に注意!
        ){
        // do nothing left here for debugging only
        }else {
        // print error page  # 上記のドメインやアドレスにマッチしない場合に表示するメッセージ
        print "<html>¥n";
        print "<head><title>Restricted email address</title></head>¥n";
        print "<body>¥n";
        print "<h2> That domain/email address is not allowed to register. </h2>¥n";
        print "</body>¥n";
        print "</html>¥n";
    
        // bounce user
        exit();	// exiting here prevents registration
        }
    }
    
    // calls ttc_check_user when a new user registers
    add_action( 'register_post', 'ttc_user_check' );
    
    ?>
    


  5. Webサーバー上へアップロードします。
    • 「registration_white_list.php」 のフォルダーごと、
      「<wordpressをインストールしたディレクトリ>/wp-content/plugins/」 に置きます。


  6. admin でログインします。

  7. wordpress ログイン画面


  8. 以下のように Front page が表示された場合は、右メニューの 「サイト管理」 をクリックして、ダッシュボードを表示します。

  9. wordpress サイト管理


  10. 左メニューの 「プラグイン」 を押します。

  11. wordpress メニュー(プラグイン)


  12. 「TimesToCome Registration White List」 の箇所の 「使用する」 を押します。

  13. wordpress plugin(使用する)


  14. 画面上部に 「プラグインを使用開始しました。」 と表示されます。

  15. wordpress plugin(使用開始の確認)


  16. もし設定ファイルに記述ミスがあると、以下のようなメッセージが出力されます。
    wordpress plugin(エラー)


  17. 左メニューの 「設定」 を押して、「一般」 の設定画面を表示します。

  18. wordpress メニュー(設定)


  19. 「誰でもユーザー登録ができるようにする」 にチェックを入れ、「変更」 を押します。

  20. wordpress 設定(一般)


  21. ログアウトします。

  22. wordpress ログアウト


  23. ログイン画面の左下に 「登録」 ボタンが表示されます。

  24. wordpress ログイン画面(登録)


  25. 「登録」 ボタンを押すとユーザー登録画面が表示されます。以下のように、ユーザー名(半角英数字と記号はハイフン、アンダーバーのみ、大文字小文字区別なし)、メールアドレスを入力して 「登録」 を押します。

  26. wordpress ユーザー登録


  27. ホワイトリストにマッチしたドメインやメールアドレスの場合は、以下のように 「登録を完了しました。メールを確認してください。」 と表示されます。

  28. wordpress ユーザー登録完了


  29. ホワイトリストにマッチしない場合は、以下のメッセージが表示されます。

  30. wordpress ユーザー登録エラー


  31. 登録が完了した場合は、登録したメールアドレス宛に、以下のメールが届きます。
  32. 差出人: WordPress <wordpress@arinux.net>
    件名: [arinux_blog] あなたのユーザー名とパスワード
    
    ユーザー名: testuser
    パスワード: 1Wmq8tWgmDbz
    http://arinux.net/wordpress/wp-login.php
    



つづく

| arinux | Wordpress | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Wordpress 2.8 (3) - ログイン画面 (2)


メモ ログイン画面のロゴを変更する


  1. 「<wordpressをインストールしたディレクトリ>/wp-admin/images/logo-login.gif」 がログイン画面のロゴ画像です。以下は、別の画像に入れ替えた例です。

  2. wordpress ログイン画面のロゴ



メモ ログイン画面のデザインを変更する(Plugin - bm-custom-login)


ログイン画面のデザインを変更できるプラグインをインストールします。


  1. http://wordpress.org/extend/plugins/bm-custom-login/ から、
    「bm-custom-login.zip」 をダウンロードします。

  2. wordpress plugin(bm-custom-login)


  3. 解凍して、Webサーバー上へアップロードします。
    • 「bm-custom-login」 のフォルダーごと、「<wordpressをインストールしたディレクトリ>/wp-content/plugins/」 に置きます。


  4. admin でログインします。

  5. wordpress ログイン画面


  6. 以下のように Front page が表示された場合は、右メニューの 「サイト管理」 をクリックして、ダッシュボードを表示します。

  7. wordpress サイト管理


  8. 左メニューの 「プラグイン」 を押します。

  9. wordpress メニュー(プラグイン)


  10. 「BM Custom Login」 の箇所の 「使用する」 を押します。

  11. wordpress plugin(使用する)


  12. 画面上部に 「プラグインを使用開始しました。」 と表示されます。

  13. wordpless plugin(使用開始の確認)


  14. 「bm-custom-login.zip」 を解凍した際に 「bm-custom-login/images/login-bkg-tile-SAMPLE.jpg」 が用意されていますので、「login-bkg-tile.jpg」 にコピーして、サーバー上の 「<wordpressをインストールしたディレクトリ>/wp-content/plugins/bm-custom-login/images」 にアップロードします。


  15. ログアウトします。

  16. wordpress ログアウト


  17. ログイン画面が以下のサンプル画面に変わります(変わらない場合は、ブラウザの更新ボタンを押してください)。

  18. wordpress ログイン画面(サンプル)


  19. tpexblog に、自作のログイン画像があります。以下は、別の画像に変更した時の例です。

  20. wordpress ログイン画面(カスタマイズ)


  21. 「bm-custom-login.zip」 を解凍した際に 「bm-custom-login/image-templates/login-bkg-tile.psd」 の Photoshop のファイルがありますので、これを編集してカスタマイズも可能です。



つづく

| arinux | Wordpress | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Wordpress 2.8 (2) - ログイン画面 (1)


メモ Top ページをログイン画面にする(Plugin - members-only)


Top ページをログイン画面にして、ログイン可能なユーザーだけにページを閲覧させる方法を説明します。


  1. http://wordpress.org/extend/plugins/members-only/ から、
    「members-only.0.6.7.zip」 をダウンロードします。

  2. wordpress plugin(members-only)


  3. 解凍して、Webサーバー上へアップロードします。
    • 「members-only」 のフォルダーごと、「wp-content/plugins/」 に置きます。


  4. http://あなたのサイト/wordpress/ へアクセスして、「ログイン」 を押します。

  5. wordpress ログイン


  6. admin でログインします。

  7. wordpress ログイン画面


  8. 左メニューの 「プラグイン」 を押します。

  9. wordpress メニュー(プラグイン)


  10. 「members-only」 の箇所の 「使用する」 を押します。

  11. wordpress plugin(使用する)


  12. 画面上部に 「プラグインを使用開始しました。」 と表示されます。

  13. wordpless plugin(使用開始の確認)


  14. 左メニューの 「設定」 ⇒ 「Members Only」を押します。

  15. wordpress メニュー(設定)
    wordpress メニュー(設定 - Members Only)


  16. 「Members Only?」 の 「Choose」 をチェック、「Login Redirect」 ではログイン後に表示するページを指定し、「Update Options »」 を押します。

  17. wordpress plugin(members-only - 設定画面)
    wordpress plugin(members-only - Update)


  18. 画面上部に 「設定を保存しました。」 と表示されるのを確認して、画面右上の 「ログアウト」 を押します。

  19. wordpless plugin(設定保存の確認)


  20. http://あなたのサイト/wordpress/ へアクセスして、ログイン画面が表示されるのを確認し、ログイン後に指定したページが表示されるのを確認します。

  21. wordpress ログイン画面



つづく

| arinux | Wordpress | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Wordpress 2.8 (1) - インストール


メモ インストール


  1. 事前に Wordpress で使用する DB を作成しておきます。
  2. http://ja.wordpress.org/ から、「wordpress-2.8-ja.zip」 をダウンロードします。
  3. 解凍して、Webサーバー上へアップロードします。
  4. http://あなたのサイト/wordpress/ へアクセスします。
  5. 以下が表示されますので、「wp-config.php ファイルを作成する」 を押します。

  6. wordpress インストール開始画面


  7. 「次に進みましょう!」 を押します。

  8. wordpress インストール画面・DBの用意


  9. DB 情報を記述して、「作成する」 を押します。

  10. wordpress インストール画面・DB情報入力


  11. 「インストールを実行しましょう!」 を押します。

  12. wordpress インストール画面・準備完了


  13. タイトルとメールアドレスを記入して、「WordPress をインストール」 を押します。
    インストール画面・タイトル


  14. インストール完了です。表示されたパスワードをメモして、「ログイン」 を押します。

  15. インストール画面・成功


  16. ログインします。

  17. wordpress ログイン画面


  18. 以下のように、ダッシュボードが表示されます。

  19. wordpress ダッシュボード



メモ admin のパスワード変更


  1. 画面上部の 「はい、プロフィールのページを開いてください」 を押します。

  2. wordpress プロフィール


  3. 新しいパスワードを入力して、「プロフィールを更新」 を押します。

  4. wordpress プロフィールの更新


  5. 画面上部に 「ユーザーを更新しました。」 と表示されます。

  6. wordpress プロフィール更新の確認



つづく

| arinux | Wordpress | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 掲載予定のタイトル
  • Wordpress
  • Pukiwiki
  • SMTPs/POPs/IMAPs
  • fml
  • Tips
+ CSS Nite
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ RECOMMEND
+ PROFILE