arinux

Linux サーバー設定備忘録
OpnePNE 構築(2)


メモ メールサーバー(postfix)設定


  1. /etc/postfix/main.cf 編集
    queue_directory = /var/spool/postfix
    command_directory = /usr/sbin
    daemon_directory = /usr/lib/postfix
    mail_owner = postfix
    default_privs = nobody
    myhostname = test15.examples.com
    mydomain = examples.com
    myorigin = $mydomain
    inet_interfaces = all
    mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
    local_recipient_maps =
    unknown_local_recipient_reject_code = 550
    mynetworks = 127.0.0.0/8, 10.1.1.0/24
    alias_maps = hash:/etc/postfix/aliases
    alias_database = hash:/etc/postfix/aliases
    home_mailbox = Maildir/
    
    mail_spool_directory = /var/spool/mail
    luser_relay = sanga@localhost
    
    debug_peer_level = 2
    debugger_command =
             PATH=/bin:/usr/bin:/usr/local/bin:/usr/X11R6/bin
             xxgdb $daemon_directory/$process_name $process_id & sleep 5
    allow_percent_hack = no
    


  2. 「sns@test15.examples.com」 宛のメールを 「sanga@test15.examples.com」 へ転送する場合。
    [root]# vi /etc/postfix/aliase
    
    #以下を最終行へ追加
    sns: sanga@test15.examples.com
    

    [root]# newaliases
    


  3. postfix を再起動します。
    [root]# /etc/rc.d/init.d/postfix restart
    



メモ 携帯からのメール転送設定


携帯からプロフィール用の画像を送信する際、存在しないアカウントが使用されます。このメールを以下の方法で、メイン・アカウントへ転送します。


  1. 存在しないアカウントからメール送信すると、「User Unknown」 で送信元に戻ってきます。これを Catch all 機能を使用して、メイン・アカウントに転送します。
    ● main.cf に以下を追加
       (上記、メールサーバー設定ですでに記述しています。)
    local_recipient_maps =
    luser_relay = gamba@localhost
    


  2. メイン・アカウントのホームディレクトリに 「.forward」 を作成し、「mail.php」 へ転送して SNS へ反映させます。
    [sanga]$ cd /home/sanga
    [sanga]$ vi .forward
    
    "|/usr/local/bin/php /home/sanga/public_html/openpne/bin/mail.php"
    



メモ cron 設定


  1. 実行する cron スクリプトのパーミッションを変更します。
    [root]# /home/sanga/openpne_data/bin
    [root]# chmod 755 ./*.corn
    


  2. crontab を編集します。
    [root]# crontab -l
    
    # デイリーニュースの送信
    05 3 * * * sanga /home/sanga/openpne_data/bin/tool_send_dairy_news.cron
     /home/sanga/openpne_data/bin/ /usr/local/php55/bin > /dev/null 2>&1
    
    # スケジュールの送信
    05 3 * * * sanga /home/sanga/openpne_data/bin/tool_send_schedule_mail.cron
     /home/sanga/openpne_data/bin/ /usr/local/php55/bin > /dev/null 2>&1
    
    # 誕生日メールの送信
    05 3 * * * sanga /home/sanga/openpne_data/bin/tool_send_birthday_mail.cron
     /home/sanga/openpne_data/bin/ /usr/local/php55/bin > /dev/null 2>&1
    
    # RSS の更新
    */20 * * * * sanga /home/sanga/openpne_data/bin/tool_rss_cache.cron
     /home/sanga/openpne_data/bin/ /usr/local/php55/bin > /dev/null 2>&1
    



メモ 初期設定


  1. クライアントPC のブラウザから、「http://test15.examples.com/openpne/?m=setup」 へアクセスします。


  2. 以下のように記入して、「セットアップ実行」 をクリックします。


    OpenPNE 初期セットアップ画面


  3. 以下の画面が表示されます。「管理画面へ」 をクリックして、管理用ログインへ進みます。


    OpenPNE 管理画面へ


  4. 以下のように、管理用のアカウント名とパスワードを入力して、「ログイン」 をクリックします。


    OpenPNE 管理用ログイン画面


    この画面は、「http://test15.examples.com/openpne/?m=admin」 でも表示されます。


  5. 以下のように、管理画面が表示されます。


    OpenPNE 管理画面


  6. ユーザーのログイン画面は、「http://test15.examples.com/openpne/」 へアクセスすると表示されます。


    OpenPNE ユーザーログイン画面


    「セットアップ」 の際に入力した 「PCメールアドレス」 と 「パスワード」 を入力して 「ログイン」 を押します。


  7. 以下が、初期の画面になります。初期メンバーのニックネームはデフォルトで 「OpenPNE君」 になります。


    OpenPNE ホーム画面



旗 ニックネーム 「OpenPNE君」 を別名に変更する


  1. 「プロフィール」 をクリックします。


    OpenPNE プロフィール変更


  2. 「ニックネーム」 を変更して、「変更」 を押します。


    OpenPNE ニックネーム変更




旗 管理用パスワードを忘れた場合


  1. DB に接続します。
    [root]# mysql -u user246 -p snsdb
    Enter password:
    


  2. 管理用ユーザー名を確認します。
    mysql> select * from c_admin_user;
    +-----------------+------------+----------------------------------+-----------+
    | c_admin_user_id | username   | password                         | auth_type |
    +-----------------+------------+----------------------------------+-----------+
    |               1 | root-sanga | 6dd6a6ba2d8b55aceeb13947286354c7 | all       |
    +-----------------+------------+----------------------------------+-----------+
    1 row in set (0.00 sec)
    


  3. パスワードを再設定します。
    mysql> UPDATE c_admin_user SET password=md5('newpasswd') WHERE username='root-sanga';
    Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
    Rows matched: 1  Changed: 0  Warnings: 0
    


  4. DB から抜けます。
    mysql> ¥q
    Bye
    



ここまで

| arinux | openpne | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
OpnePNE 構築(1)


メモ サーバー構築環境


機種NEC Express5800
OSVine 4.1
kernel2.6.16-0vl76.3
glibc2.3.4-2vl3.1
apache1.3.37
mysql5.0.33
php5.2.5
postfix2.2.10
SNSOpenPNE-2.10.3



メモ OpnePNE インストール


以下は、「sanga」 ユーザーで実行します。


  1. http://www.openpne.jp/pne-downloads から、
    「OpenPNE-2.10.1.tar.gz」 をダウンロードして、「/home/sanga/public_html」 に置きます。


  2. 「/home/sanga/public_html」 に解凍します。
    [sanga]$ cd /home/sanga/public_html
    [sanga]$ tar zxvf OpenPNE-2.10.3.tar.gz
    


  3. 「openpne」 ディレクトリを作成します。
    [sanga]$ mkdir openpne
    


  4. 「OpenPNE-2.10.3/public_html/」 以下のファイルを 「openpne」 以下へ移動します。(openpne ディレクトリ以下を SNS サイトとして公開するためです。)
    [sanga]$ mv OpenPNE-2.10.3/public_html/* openpne/.
    [sanga]$ rmdir OpenPNE-2.10.3/public_html
    


  5. 「OpenPNE-2.10.3」 以下のファイルを 「/home/sanga/openpne_data」 へ移動します。(Web サイトとして閲覧させないためです。)
    [sanga]$ mkdir /home/sanga/openpne_data
    [sanga]$ mv OpenPNE-2.10.3/* ../openpne_data/.
    


  6. プリセットのスキンをコピーします。
    [sanga]$ cd /home/sanga/openpne_data
    [sanga]$ mkdir public_html
    [sanga]$ cd public_html
    [sanga]$ cp -r ../../public_html/opepne/skin .
    


  7. var ディレクトリのパーミッションを変更します。
    [sanga]$ cd /home/sanga/openpne_data
    [sanga]$ chmod -R 777 var
    


  8. 56桁のパスワードを生成します。
    [sanga]$ mkpasswd -l 56
    qxqvabkxvayyove$rjupmzcmdly6fwswutnbizZoqetyfkhp8Ydwicuu
    

    虫眼鏡 mkpasswd コマンド


    • /usr/bin/mkpasswd は、expect パッケージに含まれています。
    • ない場合は、以下のようにインストールします。
      [root]# apt-get install expect
      


  9. config.php を編集します。
    [sanga]$ cd /home/sanga/openpne_data
    [sanga]$ cp config.php.sample config.php
    [sanga]$ vi config.php
    
    // Web上の絶対パス(URL)(最後にスラッシュを付けてください)
    define('OPENPNE_URL', 'http://test15.examples.com/openpne/');
    
    // DBサーバ設定
    $GLOBALS['_OPENPNE_DSN_LIST']['main'] = array(
    'dsn'  => array(
        'phptype'  => 'mysql',
        'username' => 'user246',      # 自分で決めます
        'password' => 'passwd135',    # 自分で決めます
        'hostspec' => 'localhost',
        'database' => 'snsdb',        # 自分で決めます
        'new_link' => false,
        ),
    );
    
    // DB暗号化キー(56バイト以内のASCII文字列) #上記で生成したパスワード
    define('ENCRYPT_KEY', 'qxqvabkxvayyove$rjupmzcmdly6fwswutnbizZoqetyfkhp8Ydwicuu');
    
    // メールサーバードメイン
    // 携帯メール投稿の宛先などのドメイン名に使われる
    define('MAIL_SERVER_DOMAIN', 'test15.examples.com');
    
    // デバッグモード
    // 0: off ... エラー非表示、エラーログを記録する
    // 1: on  ... エラー表示、エラーログを記録しない
    // 2: on  ... 1 + Smartyデバッグコンソール
    define('OPENPNE_DEBUGGING', 0);
    
    (あとは default のまま)
    


  10. config.inc.php を編集します。
    [sanga]$ cd /home/sanga/public_html/openpne
    [sanga]$ cp config.inc.php config.inc.php.org
    [sanga]$ vi config.inc.php
    
    <?php
    define('OPENPNE_DIR', realpath('../../openpne_data/'));
    require_once OPENPNE_DIR . '/config.php';
    ?>
    



    メモ データベース作成


    1. mysql に root で接続します。
      [sanga]$ mysql -u root -p
      Enter password: 
      


    2. ユーザーを作成し、すべての権限を与えます。
      mysql> grant all privileges on snsdb.* to user246@localhost identified by 'passwd135';
      Query OK, 0 rows affected (0.03 sec)
      mysql> flush privileges;
      Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)
      


    3. mysql から抜けます。
      mysql> quit
      Bye
      


    4. セットアップ用の SQL スクリプトを置いているディレクトリへ移動します。
      [sanga]$ cd /home/sanga/openpne_data/setup/sql/mysql41/install
      


    5. 先ほど作成したユーザーで MySQL に接続します。
      [sanga]$ mysql -u user246 -p
      Enter password:
      


    6. データベースを作成して、SQL スクリプトを実行します。
      mysql> create database snsdb default character set binary;
      Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
      
      mysql> use snsdb
      Database changed
      
      
      (携帯電話対応)
      mysql> set names sjis;
      Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
      
      mysql> source install-2.10-create_tables.sql
      (省略)
      
      mysql> source install-2.10-insert_data.sql
      (省略)
      


    7. mysql から抜けます。
      mysql> quit
      Bye
      



    つづく

| arinux | openpne | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 掲載予定のタイトル
  • Wordpress
  • Pukiwiki
  • SMTPs/POPs/IMAPs
  • fml
  • Tips
+ CSS Nite
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ RECOMMEND
+ PROFILE