arinux

Linux サーバー設定備忘録
Kaspersky Anti-Spam 3.0 for Linux (2)


メモ ベーシック認証


ユーザー名とパスワードは、/usr/local/ap-mailfilter3/www.htpasswd ファイルに 保存されています。Control Centerへのアクセス制限は、あくまで 「ベーシック認証」 で行われます。


  1. ユーザーの追加、パスワードの変更
    [root]# cd /usr/local/ap-mailfilter3/bin
    
    新規作成(既存のユーザーは削除されます)
    [root]# ./kas-htpasswd -c /usr/local/ap-mailfilter3/control/www/.htpasswd gamba
    
    ユーザーの追加
    [root]# ./kas-htpasswd -c /usr/local/ap-mailfilter3/control/www/.htpasswd sanga
    
    既存ユーザーのパスワード変更
    [root]# ./kas-htpasswd -c /usr/local/ap-mailfilter3/control/www/.htpasswd gamba
    
    いずれも、以下のようにパスワードを 2回入力を求められます。
    New password:
    Re-type new password:
    



メモ ライセンスキー


Kaspersky よりメールで送られてきた「キーファイル」を登録します。

  1. 「License」 タブで、以下のように「 License key file」 を入力して 「Apply」 を押します。


    Kaspersky License 入力


  2. 以下のように、ライセンスに対する情報が表示されます。


    Kaspersky License 入力成功


  3. コマンドラインからも、ライセンス情報を出力できます。
    [root]# /usr/local/ap-mailfilter3/bin/kas-show-license
    
    Kaspersky Anti-Spam License Info:
      Traffic 250 MB
      Valid till: Mar 08 2008 (expires in 29 days)
    
    Installed keys:
      Key file        Serial           Key type   License  Volume     Expires
    --------------------------------------------------------------------------
    02F6B630.key 0007-0004A0-02F6B630   Trial     Traffic     250  Mar 08 2008
    



メモ サーバー設定


  1. postfix 用のスクリプトを実行して、メールサーバーに Anti-Spam を統合します。
    [root]# cd /usr/local/ap-mailfilter3/bin
    [root]# ./config-postfix.pl /etc/postfix/master.cf
    Editing master.cf file...done
    Postfixを停止中:                                           [  OK  ]
    Postfixを起動中:                                           [  OK  ]
    


  2. スクリプトを使用して、コンテンツフィルトレーションデータベースの更新と、 UDS(Urgent Detection System: 【緊急検知システム】)を有効化します。
    [root]# ./enable-updates.sh
    Restarting as mailflt3
    Enabling UDS...
    uds-rtts finished successfully
    Enabling automatic updates...
    Install crontab for user mailflt3 - ok
    =============================================================
    You can adjust automatic updates settings via control center.
    =============================================================
    Automatic updates and UDS are now enabled.
    


  3. Anti-Spamは、OSboot時に以下のスクリプトにより、各デーモンが自動起動されます。


    起動スクリプトデーモン名意味
    /etc/rc.d/init.d/kas3ap-process-serverフィルタリングマスタプロセス
    kas-licenseライセンシングモジュール
    ap-spfdSPFデーモン
    /etc/rc.d/init.d/kas3-control-centerkas-thttpdControl Center サービス
    虫眼鏡 SPF: Sender Policy Framework(送信者ポリシーフレームワーク)


  4. 起動、停止、再起動、ステータス表示は以下のように実行します。
    [root]# /etc/rc.d/init.d/kas3 [start|stop|restart|status]
    [root]# /etc/rc.d/init.d/kas3-control-center [start|stop|restart|status]
    



つづく

| arinux | Kaspersky | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Kaspersky Anti-Spam 3.0 for Linux (1)


メモ メールサーバー仕様


機種DELL PE750
OSVine 4.2
kernel2.6.16-0vl76.3
glibc2.3.4-2vl3.3
postfix2.2.10-0vl6
apachehttpd-2.2.8
Anti-Spamkas-3-3.0.278-4



メモ インストール


  1. 「which」 「bzip2」 「perl」 がインストールされていることを確認します。
    [root]# which bzip2
    /usr/bin/bzip
    
    [root]# which perl
    /usr/bin/perl
    


  2. http://www.kaspersky.co.jp/trials_business から、
    「kas-3-3.0.278-4.i386.rpm」 をダウンロードして、「/usr/local/src」 に置きます。


  3. インストールします。
    [root]# cd /usr/local/bin
    [root]# rpm -ivh kas-3-3.0.278-4.i386.rpm
    Preparing...                ########################################### [100%]
       1:kas-3                  ########################################### [100%]
    Install crontab (without updates) for user mailflt3 - ok
    /usr/local/ap-mailfilter3/control/stat/stat.conf writing - ok
    Installing RedHat startup scripts...done
    Activating startup scripts via chkconfig...
    (以下、省略)
    




メモ Apache 設定


  1. /usr/local/apache2/httpd.conf に以下を追加
    <Directory "/usr/local/ap-mailfilter3/control/www">
        Options ALL
        AllowOverride ALL
        Order deny,allow
        Deny from all
        Allow from 192.168.1.0/255.255.255.0
    </Directory>
    
    NameVirtualHost 192.168.1.17
    
    <VirtualHost 192.168.1.17>
        ServerAdmin root@localhost
        DocumentRoot /usr/local/ap-mailfilter3/control/www
        ServerName mail-kas.examples.net
        ErrorLog /usr/local/apache2/logs/ms-kas-error_log
        CustomLog /usr/local/apache/logs/ms-kas-access_log common
    </VirtualHost>
    


  2. apache再起動
    [root]# /usr/local/apache2/bin/apachectl restart
    



メモ kas-thttpd.conf 設定


  1. /usr/local/ap-mailfilter3/etc/kas-thttpd.conf の 「host」 の設定を以下のように変更します。
    変更前: host=127.0.0.1
    変更後: host=192.168.1.17
    

    虫眼鏡 ポート番号


    Control Center のポート番号を以下のように変更できます(49152〜65535番を使用)。

    修正前: port=3080
    修正後: port=49080
    


  2. kas3-control-center 再起動
    [root]# /etc/rc.d/init.d/kas3-control-center restart
    Shutting down kas-thttpd:                                  [  OK  ]
    Starting kas-thttpd:                                       [  OK  ]
    



メモControl Center へのアクセス


  1. クライアントPCのブラウザから 「http://mail-kas.examples.net :3080/」 にアクセスします。


  2. 以下のログイン画面が表示されますので、ユーザー名 「admin」 とパスワード 「admin」 を入力して 「OK」 を押します。


    Kaspersky GUI Login


  3. 以下のように表示されることを確認します。


    Kaspersky GUI Monitoring



つづく

| arinux | Kaspersky | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 掲載予定のタイトル
  • Wordpress
  • Pukiwiki
  • SMTPs/POPs/IMAPs
  • fml
  • Tips
+ CSS Nite
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ RECOMMEND
+ PROFILE